家庭用脱毛器の種類とメリット・デメリットを生かした使い方

家庭用脱毛器がシェーバータイプ、抜くタイプだったのは以前のことです。
サロンやクリニックでの脱毛施術のように、毛根にアタックすることで少しづつムダ毛自体の本数を減らしていけるという光脱毛やレーザー脱毛を、家庭用脱毛器を使って自分でできるというのですから、画期的なことです。
シェーバータイプや抜くタイプの脱毛器も、もちろん、大きな利点はあります。すぐに、ムダ毛を処理できるということです。シェーバータイプは抜くタイプに比べて、スベスベ肌の持ちが短いのですが、肌を傷めにくいという大きなメリットがあります。抜くタイプは、シェーバータイプに比べると持ちはいいのですが、肌を傷めたり、毛根を傷めてしまいます。毛を引き抜くと、毛根が割れるために一つの毛穴から何本もの毛が生えてきたりします。肌の方は、ブツブツのチキン肌、色素沈着、埋没毛になったりしますので、気を付けないといけませんね。
光脱毛・レーザー脱毛に加えて、フォト機能を持ったものも出てきました。金額的には高額になりますが、サロンに通う手間を考えれば時間を買うということになるのでしょうか。こちらは、毛周期(毛の生え替わるサイクル)を考えての脱毛になりますので、サロンのように時間をかけての脱毛になります。脱毛箇所によって毛周期は違いますので、完了までの時間が短い箇所もあれば長いところもあります。長い目で見ると処理の手間もいらなくなるので、この方法を選ぶなら早いうちから始めたほうがいいですよ。